お薬の個人輸入はオススメできない

市販薬を普段から頻繁に飲んでいるヒトもいれば、本当に体調が悪くて病院に行くヒマがないから仕方がなく市販薬を購入して飲んでいる、というヒトもいます。

市販薬は、病院で処方されるお薬よりも比較的効果は軽いです。

そのため、市販薬だと治りが悪かったりすることもあります。

また、市販薬では抗ウィルス薬やステロイドを含んでいるお薬はほとんどありません。

葛根湯などは市販薬もあれば、市販薬よりも成分が多く含まれている処方箋を必要とする葛根湯もあります。

しかし、市販薬には限りがあって葛根湯の様な市販されているお薬もあれば、似た様な成分を含んでいる処方薬の様な薬が市販薬では販売されていないこともあります。

そのためそういったお薬が必要であるなら、方法は2つしかありません。

1つめは、病院に行って処方箋を描いてもらう必要です。

2つめは、観世人に自己責任にはなってしまうのですが、海外からそのお薬を個人輸入する方法です。

個人輸入になるとの、1回の発注数もおおく健康保険が適用さてるわけではないので、完全に自分のポケットマネーから支払わなくてはいけないのです。

しかも個人輸入となり、その薬を作っているのが日本の工場とは限りません。

中国の工場だったりもするので、何か起きたとしても自己責任だから個人輸入で医薬品を購入する予定なら、きちんと下調べをしておくことがオススメです。

しかし、日本の医薬品が悪いと言うことはないので、出来る限りは新半薬か処方箋薬にしましょう。

無理して個人輸入で薬を得て、副作用が出た時もすごく大変なので、個人輸入はオススメできません。

コメントする