日本人にとって辛い花粉症

春先になると、日本中である病気で多くのヒトが苦しみます。

その病気とは今、発症しているヒトは完治が難しく、発症してないヒトはこれから発症する恐れがあるのです。

その病気の名前は、日本国民なら誰でも知っている『花粉症』です。

『花粉症』は北海道を除いて春先の2月下旬から早いヒトは出始めます。

北海道は2月下旬はまだ雪がたくさん残っているので、北海道だけはまだ冬という感じです。

そのため北海道では、2月下旬に『花粉症』が発症しているヒトはいません。

北海道は『花粉症』がないというわけではありません。

北海道の『花粉症』と言えば、5月がピークでスギ花粉ではなく北海道にしかない白樺の樹です。

春先に多い『花粉症』の原因はスギ花粉ですが、『花粉症』発症しているヒト全てがスギ花粉ではない人もいます。

花粉症の場合は、その草木の花粉がシーズンが終われば落ち着きますが、鼻炎アレルギーは発症とは違います。

鼻炎アレルギーは花粉症とは異なりオールシーズン、発症しています。

鼻炎アレルギーはアレルギーを引き起こして、鼻水の症状がでます。

鼻水の他にもクシャミや目の炎症などがあります。

『花粉症』と鼻炎アレルギーは症状が似ていますが、『花粉症』は花粉症のシーズンが終われば症状が落ち着くので、鼻炎アレルギーみたいに年中発症することはありません。

ただし『花粉症』がスギ花粉だけとは限りません。

『花粉症』の原因にはスギ以外にも、ブタクサやお米の穂などがあります。

花粉症は春だからなるのではなく、スギ花粉がそういうモノを持っていて、それに対するキャパが越えてしまったら『花粉症』になるのです。

だから『花粉症』でもスギは大丈夫だけど、他の植物で『花粉症』になることもあるのです。

それはその人がスギ花粉に強かっただけで、他の植物に対しては他の人よりも弱かったというだけです。

そのヒト自身にも他の植物に対してキャパが越えてしまったら、それも『花粉症』になってしまうのです。

『花粉症』を解決すには、『花粉症』を完治させる薬か『花粉症』の原因である植物を日本からキレイに抹消することです。

しかしこの2つは非常に困難ともいえます。

スギの樹が大量的にあるのは、植林で成長が早いスギを選んだからです。

そのためスギを全部伐採してしまうと、日本から緑がなくなりほとんど裸の様になってしまいます。

コメントする