先発薬を使ってはダメなの?

日本国民のほとんどの人が何らかの健康保険に加入しています。

企業に勤めていたら企業の協会健保、退職した人や自営業の人は国民健康保険のどちらかに加入しています。

退職した人や勤めていない人の中には、自分は病院に行くことがないからと健康保険に加入していない人もいます。

健康保険に加入していなければ、病院での負担が10割になります。

国としては、病院に通わない人も健康保険への加入を促しています。

しかし、健康保険に加入して通院している人からすると、健康保険を使って診察をしてもらい処方をしてもらった薬がジェネリック医薬品じゃないと、ジェネリック医薬品に変えましょう、という案内が加入している健康保険から通知が届きます。

病院から処方される薬には先発薬とジェネリック医薬品の2種類があります。

価格は、先発薬よりもジェネリック医薬品の方が安いです。

そのため3割負担する本人としても、7割負担する加入している健康保険にしてもジェネリック医薬品の方がお財布には優しいのです。

しかし、先発薬と医薬品は効果が全く同じと言うわけではありません。

あくまでも、同じ成分で作っているから似た効果があるというだけです。

成分が同じなのに、効果が違う可能性があるということは、キチンと説明されていないのです。

では、なぜ成分が一緒なのにも関わらず、先発薬とジェネリック医薬品が=(イコール)にならないのかと言うと、作る手順が公開されていないからです。

そのため、ジェネリック医薬品は成分の手順が先発薬と違うため、化学反応も違ってくるのです。

それを知っている人は、ジェネリック医薬品ではなく先発薬を選びます。

自分が加入している健康保険からジェネリック医薬品への促しが来たからと無理にジェネリック医薬品に変えたら、薬を飲んでいるにも関わらず前よりも体調が良くならないということもあります。

先発薬を選んでいる人でジェネリック医薬品に変えることを検討するのであれば、薬剤師にキチンと説明を聞く様にして納得してから切り替えることをオススメします。

コメントする