持病と上手に付き合う方法

2017年は気候が今までと違ったために体調を崩したり、疲労感が体から抜けないと言うヒトが多いです。

8月は関東地方で雨や曇りという日が長期間続きました。

9月になって急に冷え込んだかと思うと、真夏並みの暑さに逆戻りをしました。

そして10月になってからは、雨の日が多いだけでなく台風が上陸する数も多かったです。

人間の体調は天候や気候、気圧に大きく影響されます。

特に喘息やアレルギーなどの持病を持っているヒト、自閉症の子供、ケガによる後遺症があるヒト、闘病中のヒト、などは体調が急激に変化しやすいので注意が必要です。

天気や天候、気圧がどのように健康に影響を与えているかはハッキリとした解明がまだできていません。

そのため医者によっては、体調が悪いのは天気や気圧には関係ないという医者もいます。

しかし中には、一部の病気や症状によっては天気や気圧の影響があるという医者もいます。

天気や気圧で体調を崩しやすいヒトは、体調が悪くなるタイミングをよくわかっています。

そのため、体調が悪くなる前に薬を服用して症状が出ない様に、出ても軽くなる様に薬でコントロールしているヒトもいます。

持病があるヒトは、症状が出てしまうと薬を飲んでもなかなか落ち着かないことが多いです。

雨が降ると頭痛がするというヒトは多いです。

持病で偏頭痛があると分かっているヒトは天気予報などを見て、雨が降り出す前に頭痛薬を飲みます。

そうすることで雨が降り始めた頃には頭痛薬が効いているので、頭痛が起きても何もできない程の痛みではありません。

そうやって体調を上手にコントロールすることで、持病と上手に付き合っていけるのです。

コメントする