資格を持っておくと転職は有利となるのか?

転職をするためには、少しでも自分のメリットを増やしておくことが重要です。
そこで取得しておくと便利であり有利なのがさまざまな資格です。
必須ではないにしろ、業種・職種にピッタリな資格を持っているととても優位になります。
面接を受けるときにも、自分を見せる事が出来るのです。
転職先に就けた時に非常に役立ちますので取得しておいた方がいいです。
今回は、転職において大きな役割を持つ資格についてお伝えしていきます。

資格取得の有利点とは

自分が就きたい職種は人それぞれですが、面接や書類選考の時点で資格の有無を見られることがあります。
ひとつでも資格を取得していればスキルがある人だと思われるので、仕事内容に適した資格なら転職に有利です。
また、資格を持っていると今のスキルを上げられるチャンスにもなります。
先々自分が望んでいる業務があるなら、それに相応しい資格を取得すればキャリアアップできるのです。
さらに資格を取るための勉強をしていると、詳しい知識を得ることもできます。
その知識が仕事に関係しなかったとしても、以前取った資格を活かせたり新たな職種を見つけることもできます。
自分にも、勤務先の業務内容にも有利となる資格はとても便利なのです。
勉強会

ビジネス系・IT系資格も便利

Excel・Wordなど誰もが知るマイクロソフト製品のスキル証明資格がMOSです。
正式名称はマイクロソフトオフィススペシャリストです。
科目はOutlook・PowerPoint・Word・Access・Excelとなっています。
基本情報技術者・ITパスポートは情報処理推進機構が行っている国家試験です。
ITパスポートはエンジニア・プログラマーの基礎知識が出題されます。
基本情報技術者はIT関連の知識を持つ事が証明される資格となります。
ビジネス系資格が日商簿記検定で日本商工会議所が行う検定試験となります。
階級は初級から1級まで、公認会計士・経理事務・税理士といった職に就く際に大きな役割を果たします。

医療関係の資格はニーズが高い

登録販売者はドラッグストア・薬局に勤められて、第二類・第三類薬品が売れる資格です。
試験を行うのは都道府県となります。
副作用・医薬品・薬害の知識以外にも薬事制度・法規に関する知識が出題されます。
病院・調剤薬局に勤めている薬の知識に長けているのが薬剤師です。
薬科大学・薬学部にて薬に関する知識を身に付け、国家試験を受験することになります。
医療事務は医事コンピュータ能力技能検定試験・医療事務検定試験があり日本医療事務協会が行います。
医療事務検定試験では、病院に勤めるための基礎知識を学ぶことができます。
医事コンピュータのレセプト作成に関する知識を問われるのが、医事コンピュータ能力技能検定試験となります。

ハローワークでも資格に関する取得支援をしてもらえる

仕事先を探すことのできるハローワークで実施されているのが職業訓練制度です。
社会保険労務士試験・簿記検定といった講座を受講できるので、資格取得の学習ができます。
受けられる訓練制度は求職者支援訓練・公共職業訓練の2つです。
雇用保険受給対象者でない人が受けられるのが求職者支援訓練です。
資格取得・専門スキルなどは職業訓練と同様となっています。
決められた要件をクリアすれば月10万の職業訓練給付金を受け取れます。
上限はありますが専門学校へ通う費用も出ます。
ハローワークで募集している職業訓練が受けられるのは雇用保険受給資格者のみです。
教材は有料ですが専門知識は無料で受けられます。
訓練先は提携の専門学校です。
言葉を学ぶ

まとめ

ひとつでも資格を持っておくと転職するときなどに大いに役立ちます。
転職先となる会社の業務との関係がなくても、既に持っている資格が活かせる場合もあります。
資格は数多くあるので、自分が身につけたいものを探してみてください。
医療系やビジネス系・IT系の資格は取得しておくだけでとても有利です。
ハローワークでも2種類の職業訓練を受けられます。
職業訓練には条件があるので、自分がどちらになるか知っておいて下さい。