虫歯をできるだけ予防しましょう

食事をしていたら歯がズキッとした、何となく歯がゴワゴワするような違和感を感じる、うがいをした時に歯がキーンとした、こんな症状が歯に出たら虫歯かなぁっと思って歯医者に行くのではないでしょうか。

歯は人間には欠かすことができない身体のパーツです。

歯がしっかりとしていれば何でも食べるコトができますが、入れ歯になったり差し歯の位置によっては食べ物に制限が入ってきます。

リンゴなどの硬いものが食べられなくなってしまいます。

硬いモノが食べられなくなると顎の筋肉が弱ってしまい、最終的にはモノを噛む力自体が衰えてしまいます。

だからこそ歯は自分で気を付けてしっかりと磨く必要があるのです。

しかし、虫歯は幼少期の両親の育て方で決ると現在は言われています。

なぜなら、人間がオギャーと産まれた瞬間に虫歯となる菌は口の中には存在していないからです。

では母乳や粉ミルクのせいでしょうか?

いいえ、それも違います。

虫歯菌の多くは、両親の口からもらうことがほとんどです。

子供が成長して離乳食になった時、子供の食事に親が口を付けた後に子供に食べさせると両親に虫歯がある人であれば、子供の口に虫歯菌が移ってしまいます。

いちばん多いのが、作り立ての子供の離乳食をフーウフウして冷ました時に熱くないかなっと親が口に少し入れて温度をみることがあると思います。

それをすると今まで虫歯菌がいなかった子供の口に虫歯菌が移動してしまい、将来的に虫歯になりやすくなると言われています。

両親の口に虫歯菌がいなければ、親が口をつけた食べ物でも子供が食べても虫歯にはならないと言われてはいます。

成長して、一口味見させてよと、他の人が口を付けたモノに口を付けても虫歯菌がある人ならそれで虫歯菌をもらってしまいます。

とは言っても虫歯菌を口の中に持っていても歯磨きやうがいをキチンとして口の中を清潔にすることで虫歯を予防することはできます。