間違えて違う種類の薬を服用しても慌てずに

気候の変動や寒波の襲来などで、急激に冷え込んでいるので体調を崩しているヒトが増えています。

更に年末間近と言うこともあって、日本全体がバタバタと慌ただしい状態であると言っても過言ではありません。

多忙期になると生活スタイルや仕事のストレスなどで免疫力が弱まってしまい、誰でも体調を崩しやすくなります。

そのため、朝起きた時や仕事帰りになんとなく体調が悪いから市販薬を購入して、本格的に体調が悪くなる前に体調を整えようと思うヒトが多いのではないでしょうか。

寒いシーズンになるとインフルエンザが流行るため、病院に行きたくないというヒトもいるくらい病院にはたくさんの患者がきます。

病院に行く程ではないと判断して、体調を整えるのも自己管理なので間違ったコトではありません。

逆に無理をして病院に行って、インフルエンザをもらってくるよりはマシだと言えます。

市販薬を購入する時に1つだけの薬を購入するヒトもいれば、昨年の経験上から前もって薬を2つ、3つ購入していくヒトもいます。

『備えあれば…』という言葉が日本にはあるくらいです。

ところが、バタバタしていたりすると誤って2種類の薬を飲んでしまうこともあります。

朝起きて食前の薬を飲んだ後に、調子が悪く感じてしまい食前に薬を飲んだことを忘れて食後用の薬を飲んでしまうことも珍しくありません。

過剰摂取ではないので、スグスグに死んでしまう様な危険性がないにしても、薬と薬の飲み合わせによっては胃に負担がかかってしまい胃が荒れて気持ち悪い、吐き気がする、お腹が痛い、というコトもあります。

そういう時は慌てて他の薬を飲まない様にしましょう。

胃での消化が終わって、数時間経てば体調も落ち着いてきます。

しかし、時間が経つにつれて症状が悪化する時はスグに病院に行くことをオススメします。

コメントする