今年は不足しているインフルエンザワクチン

インフルエンザはインフルエンザワクチンの予防接種をすることで、インフルエンザにかかったとしても症状を軽くすることができます。

インフルエンザワクチンを予防接種したからといって、インフルエンザにかかることがないというわけではありません。

しかし、今年はインフルエンザワクチンが不足しているので、インフルエンザワクチンを接種するのに優先順位があります。

病院によっては、希望すれば接種することができる病院もあれば、事前に予約をしておかないと突然行っても、予防接種できない所もあります。

また高齢者や子供を優先としているため、20代や30代が病院に行っても事前予約をしていなかったりすると病院に行っても断られてしまうケースも珍しくありません。

しかし、自宅に幼い子供がいると予防接種を受けることもできます。

もしも病院に行って断られたら、子供がいることや子供の幼稚園などでインフルエンザが流行っていて親も予防接種を受ける様に幼稚園から言われているなどの事情を話してみるのも方法ではあります。

インフルエンザワクチンが不足している理由は、今年の流行となるであろうインフルエンザの型の予想がハズレてしまったからです。

インフルエンザには、いくつかの型があります。

そして、インフルエンザワクチンの予防接種が効果を出すまでに約1ヶ月かかります。

なので、インフルエンザワクチンは今までのデータを参照にして、今年の流行を予想してインフルエンザワクチンの製造を行います。

だいたいは予想通りでいくのですが、たまに流行の予想をハズしてしまい、深刻なインフルエンザワクチン不足を招いてしまうのです。

しかし、インフルエンザにはいくつか型があるので、効果があるのはその型のみです。

なので、インフルエンザワクチンを予防で接種していたけど、違った型のインフルエンザになってしまうというのは珍しいことではありません。

コメントする