西日本豪雨で被災された方々へ

2018年6月下旬から7月上旬にかけて西日本を中心に連日の豪雨によって大きなダメージを受けた西日本豪雨(気象庁では『平成30年7月豪雨』と命名)。

堤防が決壊し水害がヒドかった愛媛県、岡山県倉敷市や高梁市、土砂崩れによって被害が拡大した広島県など、被害の規模は大きくまだ分からない所や被害の状況がハッキリしていない所も少なくありません。

日々、自衛隊やボランティアの方々が猛暑の中で、1日も早い復興を目指して被災地で頑張っています。

被害に遭った方々のご冥福を心より申し上げるのと同時に、被災された方々の日常が1日も早く戻ることを切に願っています。

『絶体絶命都市』から学ぶ人命救助

『絶体絶命都市』というゲームを知っていますか?

このゲームは、天災が起こった街に居合わせた主人公達が安全な場所まで逃げ延びるサバイバルアクションゲームです。

天災なので、何が起こるか分かりません。

続きを読む

猛威を奮っているはしかにGWは要注意

2018年のゴールデンウィークは外出をする時は注意が必要かもしれません。

なかでもより注意が必要な該当者は、一般の注意が必要な人よりも気を付ける必要があります。

一般人よりも注意が必要な人は、妊娠初期の妊婦、妊娠の可能性がある女性です。

日本では、はしかは感染症法に基づいて五類感染症に指定されています。

続きを読む

日本人にとって辛い花粉症

春先になると、日本中である病気で多くのヒトが苦しみます。

その病気とは今、発症しているヒトは完治が難しく、発症してないヒトはこれから発症する恐れがあるのです。

その病気の名前は、日本国民なら誰でも知っている『花粉症』です。

続きを読む

心臓マッサージでリスクを減らせる脳へのダメージ

日本で自動車免許を取得した人なら分かると思いますが、自動車教習所で人命救助の授業があります。

人の命を救うといった医療行為は、医者や医療関係の人間の仕事ではありますが、自動車免許を取得している人にも事故などの現場に遭遇したら人命救助を行う必要があります。

続きを読む