子宮頸癌のワクチンは接種すべき?すべきではない?

最近、女性のガンで増えているのが乳がんでは子宮頸癌(けいがん)です。

子宮頸癌(けいがん)は若い女性でも発症しやすく、毎年の様に人生これからなのにっという若さで亡くなっています。

子宮頸癌で亡くなった我が子と同じ様な犠牲を増やしたくないという家族の強い思いから、子宮頸癌のワクチン接種を産婦人科でできるようになりました。

続きを読む

薬の服用と事故に関する報道は正しいやり方なのか?

2人に1人はガンになると言われている今の日本。

ガンなどの病気を発症するのは、遺伝や生活習慣が主な理由ではありますが、大きなストレスが長期間かかることによって、ストレスから病気を発症することは珍しくありません。

しかし、病気を発症したからと言って緊急入院や緊急の手術などを要しない場合、多くの国民は通院などで投薬治療を行います。

続きを読む