季節や気圧の変化で痛む古傷

季節の変わり目や天候が異常な時、体長を崩しやすい人が急激に増えます。

自律神経のバランスの乱れや疲労の蓄積など、様々なことが原因で体長を崩します。

中でも、大きな病気をしている人や過去に大きなケガをした人は、何年も前のケガにも関わらず古傷が痛むと言うことが当たり前の様に起きます。

続きを読む

持病を持っている患者とお薬には相性がある

この度の平成28年度熊本地震により被災に合われた方々や

被災地にご家族や友人のおられる方々に心よりお見舞い申し上げます。

お薬には副作用がありますが、それ以外にも持病持ちの人にはお薬との相性の問題が出てきます。

持病がある人は、お薬の副作用によって持病の症状が悪化する恐れもあるので、病院から処方されたお薬でも気を付けなくてはいけません。

続きを読む