副作用が辛い抗がん剤

ガンの治療薬と言えば、抗がん剤が一般的です。

抗がん剤を用いた治療は日本だけでなく、海外でも用いられています。

しかし、抗がん剤の副作用は想像以上に辛くとても苦しい治療方法と言っても過言ではありません。

抗がん剤を用いればガンを治療することは可能ではありますが、確率は100%ではなく、苦しい副作用を乗り越えて治療ができたとしてもガンが再発しない可能性も100%ではありません。

続きを読む

お薬を簡単に楽に飲むコトができる画期的なアイテム

病院から処方されたお薬が飲みにくかった経験をしたことはありませんか。

処方された錠剤が大きい、薬が苦過ぎて子供が飲むのを嫌がる、飲み込む力が衰えているお年寄りには粉薬やカプセルは飲ませるのが難しい、という経験があると思います。

特に子供やお年寄りなど人に薬を飲ませることは、自分が飲む以上にとても難しく大変なことです。

続きを読む

検体を希望する人が増えたのはなぜか?

医学の発展には、犠牲なしでは得られないと言います。

今の現代社会で高度医療となり、日々、病気を治療するための医療技術が発展している陰には検体があるからです。

検体となった遺体を解剖、分解などすることで病気のメカニズムや進行状況などを知ることができので、将来的には医療の発展へと繋がります。

しかし、検体は少し前まで希望する人が少なく、検体を手に入れるのが難しかったです。

続きを読む

もしも余命宣告されたら…

病気が進行しており今の医療技術では治療が不可能のため治療することができません、故にもってもあと半年位です。

医者から突然告げられた余命宣告、まるでテレビドラマの中でしか起きない様なことが起きたらどうしますか?

ガンという病気が一般的に知られる様になってから、余命宣告を直接本人に告げる医者が増えました。

続きを読む

総合診療科って何?

近年、全国にある大病院や附属病院に総合診療科という聞き慣れない科ができています。

総合診療科という科が出来始めたのは、ここ数年のため知らない人も多いです。

総合診療科というのは、基本的に病気全般を診ます。

診断結果によって適正の科に紹介状を出してくれるので、治療はそこの科を中心に行ないます。

続きを読む

辛い抗がん剤治療

先進国の死因でトップなのがガンです。

発展途上国やまだ発展していない様なアフリカなどでは、ガンよりも栄養失調やその国特有の難病、疫病、エイズ(HIV)が死因のトップです。

アメリカやイギリス、日本などの先進国は食文化が欧米化しているコトもあり、疫病なども予防接種で防ぐことができるのでガンが多いです。

その後に、脳梗塞や心臓発作などの病気が原因で亡くなる人が多いです。

続きを読む

荒れ始めている医薬業界につながっている大学

今、とある国立大学の薬学部で大きな波乱が起きています。

薬学部としては、国立大学の中でもトップクラスにはいるだけあって、学生の間や新入学生、受験生に大きな不安を与えています。

波乱の発端となったのが、薬学部の学部長が内部告発を行なったことです。

学部長がした内部告発は、教授が学生の論文を盗作して自分の名前で発表しているというものでした。

続きを読む

養命酒はお酒?それとも薬?

養命酒(ようめいしゅ)のCMをテレビなりラジオなりで一度は目にしたり耳にしたり、または愛用してずっと飲み続けているヒトもいるかもしれません。

養命酒は、薬用酒で養命酒製造株式会社から発売されています。

医薬品として販売されているので、お酒なの?それとも栄養ドリンクみたいな医薬品なの?と思うヒトも多いのではないでしょうか。

続きを読む

薬は必ず用量を守りましょう

バレンタインが終わり2月も下旬近くになり春が近づいてくると、憂鬱な気持ちになるヒトが今の日本国民は多いのではないでしょうか。

それは、老若男女問わず更に人間も動物も関係ありません。

正に生きているモノにとってはヒドいとしか言えない季節、花粉症シーズンです。

最近の研究で分かったことですが、花粉症は人間だけでなく動物もなります。

続きを読む