東洋医学の魅力とは?

医学は大きく分けると2つに分けることができます。

1つは西洋医学、もう1つは東洋医学です。

西洋医学は主に化学で発明した薬を使用して病気の治療を行なって行きます。

東洋医学は薬よりも食事や自然を用いた漢方薬で病気の治療を行ないます。

化学で発明した薬を用いる西洋医学の方が、効き目も早く病気の回復も早いのですが、その分副作用も同時に起こる可能性が高いです。

続きを読む

インフルエンザが流行しているのは国のせい?

ここ数年、毎年の如くインフルエンザが猛威を振るって流行傾向にあります。

インフルエンザの予防接種もありますが、流行の型の予防接種をしないと予防接種の意味がありません。

そのため、ある程度インフルエンザが流行して、どの型が多いかと言うことが分かってから予防接種をすることはオススメします。

しかしインフルエンザの場合、予防接種をしていてもインフルエンザになることはあります。

予防接種をしていたら絶対にならないというわけではありません。

続きを読む

岡山県で鳥インフルが発生!日本の鶏肉食卓は大丈夫?

お肉と言えば、牛、豚、鶏の3種類が日本ではメインではないでしょうか。

お肉以外にもお魚や野菜はありますが、今の日本の食卓は欧米化が多いためお肉料理が中心です。

鶏肉と言えば、マクドナルドのチキンナゲットに使用している鶏肉の問題が日本に大きな影響を与えました。

マクドナルドのチキンナゲットに不安を感じたお客さんはマクドナルドから離れました。

続きを読む

子供に増えている糖尿病

子供の間で今増えているのが、糖尿病です。

子供の糖尿病が増えているのが深刻な問題となっています。

糖尿病は、大人がなる病気のイメージがあります。

その理由は、子供よりも糖分や果糖を摂取している築年数が長いからです。

また糖尿病は遺伝でもなると言われている病気なので、両親や祖父母に糖尿病を持っている人がいたら、果糖や糖分の摂取に気をつけていても糖尿病を発症するリスクが高いです。

続きを読む

医療ミスと言う背景にある産婦人科の医師不足

医療ミスという言葉を聞いたコトがあると思います。

今、日本ではこの医療ミスの裁判が増加傾向にあります。

そもそも医療ミスとは、どこからが医療ミスになるのでしょうか。

看護士や医者が間違えた薬を注射して死亡したり、手術中に明らかに切る位置ではない部分を切ってしまい死亡した場合などは確実な医療ミスと言えます。

続きを読む

年末に向けてインフルエンザ対策をしましょう

12月になると冷え込みも一段と厳しくなり、年末や年始の忙しさなどから体調を崩したり、疲れをためてしまったりする人も多いです。

それによって、風邪を引いてしまったりして、体調を壊してしまい、毎年冬になると必ず流行るインフルエンザにかかってしまいます。

特に小さい子供がいる家庭では、子供が幼稚園や小学校からインフルエンザをもってきて子供の次に親がインフルエンザになってしまうパターンがとても多いです。

続きを読む

薬の飲み合わせを調べられるアプリの弱点

普段病院に行かないヒトや市販薬を常用しているヒト、複数の病院に通っていて色んな薬を飲んでいる、というヒトは少なくありません。

薬は、私たちの体の不調を改善したり緩和してくれますが、飲み方を間違えてしまったり飲み合わせが悪い場合だと逆に体の不調を悪化させてしまったり、意識がボオとして死んでしまうのではないか?と感じる様なリスクも持ち合わせています。

とは言っても夜遅くや休日、祝日になると病院も閉まっているので薬の飲み合わせについて質問することができません。

続きを読む

薬で悩んだ時は薬剤師に相談しましょう

冬が近づいてくると、朝晩は急激に冷え込んでな寒いのに、太陽が出ている昼間は暑いので、体調を崩したり、疲労感がなかなかとれなかったり、風邪をひいたりするヒトが増えてきます。

また朝晩の急激な冷え込みでエアコンの暖房を使うヒトも多いのではないでしょうか。

エアコンの暖房を使用するコトで、部屋の空気が乾燥してしまうので喉が痛くなったり、エアコンが溜め込んだホコリやカビを空気と一緒に出してしまうので、鼻炎アレルギーがあるヒトは鼻水がジュルジュルになったりします。

続きを読む

市販薬による副作用患者が増えているわけとは?

近年、市販薬を飲んだことで身体に障害が残ってしまうような副作用が出ているケースが増えています。

市販薬は、病院から処方されるお薬より配合されている成分が少ないために、処方薬よりも効き目が弱くなっています。

例を出すと、整腸剤のビオフェルミンも市販で販売されているビオフェルミンと病院で処方されているビオフェルミンは、全く同じモノではありません。

続きを読む

日本で感染を拡大しつつあるデング熱、有効な対策はあるのか

海外でエボラ出血が拡大状況の中、日本でも深刻な病気が静かに拡大しています。

それは、空気感染でもなければ、接触したことが原因での感染でもありません。

夏場になると、気をつけていてもダメなものです。

今、日本では蚊を媒体とするデング熱が東京からじわりじわりと拡大しています。

続きを読む