今年は不足しているインフルエンザワクチン

インフルエンザはインフルエンザワクチンの予防接種をすることで、インフルエンザにかかったとしても症状を軽くすることができます。

インフルエンザワクチンを予防接種したからといって、インフルエンザにかかることがないというわけではありません。

続きを読む

最小限に感染を抑えるために

今年の冬はノロウィルスとインフルエンザが大流行しています。

インフルエンザは寒波が到来して急激に気温が下がったコトによって、インフルエンザ患者が一気に増えました。

インフルエンザ患者で多いのが、子供のいる家庭です。

続きを読む

インフルエンザが流行し始めた

朝晩の冷え込みが強くなって寒さが本格的になってくると、インフルエンザや風邪が流行し始めます。

インフルエンザの予防接種をすることが、インフルエンザの予防にはいちばん効果がありますが、予防接種をしたからといってインフルエンザにかからないというわけではありません。

インフルエンザの予防接種をしていれば、インフルエンザにかかっても症状が軽くてすむので、インフルエンザの独特の苦しさとしんどさを味わうコトがありません。

続きを読む

インフルエンザと花粉症のWパンチ

2015年の年末から2016年の年初めにかけて、日本は暖冬でした。

北海道などの一部のエリアでは、本州が暖冬の気候だったために寒波が襲来して、従来よりも厳しい寒さでした。

この様な気候から分かる様に今や日本だけでなく世界中のあちらこちらで異常気象となっています。

そして、この暖冬の影響によって本州では従来よりも花粉症の到来が早いようです。

続きを読む

体調管理は事前に行動するべき

季節の変わり目になると、若い人でも体調を崩しやすくなります。

そのため病弱な人やお年寄りの多くは、体調を崩してしまう人が多いです。

朝夜は涼しいのに昼間は真夏並みに暑いという気温差や、仕事から帰ったら部屋が暑くエアコンを冷房で運転させたまま寝てしまって風邪をひいてしまった、という人も多いです。

続きを読む

インフルエンザが流行しているのは国のせい?

ここ数年、毎年の如くインフルエンザが猛威を振るって流行傾向にあります。

インフルエンザの予防接種もありますが、流行の型の予防接種をしないと予防接種の意味がありません。

そのため、ある程度インフルエンザが流行して、どの型が多いかと言うことが分かってから予防接種をすることはオススメします。

しかしインフルエンザの場合、予防接種をしていてもインフルエンザになることはあります。

予防接種をしていたら絶対にならないというわけではありません。

続きを読む

年末に向けてインフルエンザ対策をしましょう

12月になると冷え込みも一段と厳しくなり、年末や年始の忙しさなどから体調を崩したり、疲れをためてしまったりする人も多いです。

それによって、風邪を引いてしまったりして、体調を壊してしまい、毎年冬になると必ず流行るインフルエンザにかかってしまいます。

特に小さい子供がいる家庭では、子供が幼稚園や小学校からインフルエンザをもってきて子供の次に親がインフルエンザになってしまうパターンがとても多いです。

続きを読む