人間用の薬をペットに与える飼い主たち

ビオフェルミンや正露丸、赤玉、栄養ドリンクなど医薬品に該当するものは風邪薬や頭痛薬と比べても副作用などのリスクはとても低いです。

ビオフェルミンなどはたくさん飲んだとしても便が硬くなったり、便秘になる可能性はあるかもしれませんが、たくさん飲んだからといって命に別状はありません。

そのため、飼っているペットが突然下痢をした、下痢が続いているけど動物病院に行くほどの下痢ではない気がする、といったお腹の不調に対して、人間用のビオフェルミンや正露丸をとりあえず与えて様子をみる、という飼い主がとても多いです。

続きを読む

心の病からなるペットロス症候群

微熱がもう何ヶ月も続いている、嘔吐下痢が改善されない、毎日頭痛がする、お薬を飲んでいるのに体長不良が改善されない、病院に行って検査をしたけど異常が見つからない、などといった症状がペットを亡くした人に見られることが度々あります。

ペットを亡くした心労で一時的な症状と思われがちですが、こういった症状はペットロス症候群と呼ばれています。

続きを読む