先発薬を使ってはダメなの?

日本国民のほとんどの人が何らかの健康保険に加入しています。

企業に勤めていたら企業の協会健保、退職した人や自営業の人は国民健康保険のどちらかに加入しています。

退職した人や勤めていない人の中には、自分は病院に行くことがないからと健康保険に加入していない人もいます。

健康保険に加入していなければ、病院での負担が10割になります。

国としては、病院に通わない人も健康保険への加入を促しています。

続きを読む

薬の備蓄量を安定させるためにも

2015年も残りあと3ヶ月となりました。

しかし、2015年は日本各地で天災が起こり、大変な年でもあります。

天災は製薬会社や薬の製産を行なっている工場にも大きなダメージを与えます。

そうなってしまうと病院などで処方している処方薬の備蓄が少なくなり、また被災した地地域に薬の援助をするため、被災したエリアに限定せず全国的に病院や薬局で薬の在庫数が減少してしまいます。

続きを読む

市販薬による副作用患者が増えているわけとは?

近年、市販薬を飲んだことで身体に障害が残ってしまうような副作用が出ているケースが増えています。

市販薬は、病院から処方されるお薬より配合されている成分が少ないために、処方薬よりも効き目が弱くなっています。

例を出すと、整腸剤のビオフェルミンも市販で販売されているビオフェルミンと病院で処方されているビオフェルミンは、全く同じモノではありません。

続きを読む