間違えて違う種類の薬を服用しても慌てずに

気候の変動や寒波の襲来などで、急激に冷え込んでいるので体調を崩しているヒトが増えています。

更に年末間近と言うこともあって、日本全体がバタバタと慌ただしい状態であると言っても過言ではありません。

多忙期になると生活スタイルや仕事のストレスなどで免疫力が弱まってしまい、誰でも体調を崩しやすくなります。

続きを読む

お得に市販薬を購入しましょう

市販薬を購入する時にどこで購入をしていますか?

ドラッグストアで直接お薬を見てから購入したい、薬剤師と相談して購入したいというヒトはお店で購入します。

体調が悪い時にその度に購入するというヒトは、自分の体調によってお薬を選ぶので薬剤師が常駐しているドラッグストアや町の処方薬を扱っている薬局がオススメです。

続きを読む

薬を人にあげるコトの危険性

朝起きたら頭がガンガンして頭が痛いけど家に頭痛薬がなかったからコンビニか途中の薬局で寄ってから買って行けばいいや、と思いつつ出たにも関わらず満員電車や人混みの中で気分が悪くなり過ぎで、薬を買わずにそのまま出社したという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

続きを読む

医療費が変わるセルフメディケーション税制

健康保険に加入しておけば3割負担とは言えども、年間に医療費は決して安いわけではありません。

確定申告で医療控除を申告することができますが、それは病院の費用と市販薬の費用を合わせて10万円以上でなければ申告することができません。

仮に1年間の医療費が11万円となって10万円を超えているからといって申告をしてもオーバーした1万円が還ってくるわけではないのです。  

続きを読む

薬には副作用以外にも蓄積作用がある

お薬には蓄積作用があります。

蓄積作用は病院での処方薬、ドラッグストアなどで売られている市販薬のどちらでも必ずあります。

そのため、市販薬で飲み慣れているからと言って同じ薬だけを服用していると、ある日突然、効果がイマイチだったり、効いていない時が出てきます。

お薬の蓄積作用は、お薬の種類に関係がありません。

続きを読む

市販薬による副作用患者が増えているわけとは?

近年、市販薬を飲んだことで身体に障害が残ってしまうような副作用が出ているケースが増えています。

市販薬は、病院から処方されるお薬より配合されている成分が少ないために、処方薬よりも効き目が弱くなっています。

例を出すと、整腸剤のビオフェルミンも市販で販売されているビオフェルミンと病院で処方されているビオフェルミンは、全く同じモノではありません。

続きを読む