持病と上手に付き合う方法

2017年は気候が今までと違ったために体調を崩したり、疲労感が体から抜けないと言うヒトが多いです。

8月は関東地方で雨や曇りという日が長期間続きました。

9月になって急に冷え込んだかと思うと、真夏並みの暑さに逆戻りをしました。

続きを読む

薬を人にあげるコトの危険性

朝起きたら頭がガンガンして頭が痛いけど家に頭痛薬がなかったからコンビニか途中の薬局で寄ってから買って行けばいいや、と思いつつ出たにも関わらず満員電車や人混みの中で気分が悪くなり過ぎで、薬を買わずにそのまま出社したという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

続きを読む

持病を持っている患者とお薬には相性がある

この度の平成28年度熊本地震により被災に合われた方々や

被災地にご家族や友人のおられる方々に心よりお見舞い申し上げます。

お薬には副作用がありますが、それ以外にも持病持ちの人にはお薬との相性の問題が出てきます。

持病がある人は、お薬の副作用によって持病の症状が悪化する恐れもあるので、病院から処方されたお薬でも気を付けなくてはいけません。

続きを読む

体調管理は事前に行動するべき

季節の変わり目になると、若い人でも体調を崩しやすくなります。

そのため病弱な人やお年寄りの多くは、体調を崩してしまう人が多いです。

朝夜は涼しいのに昼間は真夏並みに暑いという気温差や、仕事から帰ったら部屋が暑くエアコンを冷房で運転させたまま寝てしまって風邪をひいてしまった、という人も多いです。

続きを読む