結婚に向いてない男性の特徴とは

彼氏と良い感じの雰囲気が続いたら、ほとんどの人は結婚を考えます。
しかし、結婚に向いてない男性や結婚に向いている男性もいます。
無論、結婚に向いている女性もいれば向いていない女性もいるのです。

恋人の頃は上手くいっていたのに、結婚したら上手くいかなくなることもあります。
できるだけそうした男性とは付き合いたくないものです。
今回は、デートする中で見極めることの出来る、結婚に不向きな男性の特徴をお伝えします。

金銭感覚がルーズ

お金に関してルーズな人は、結婚には向いてはいないです。
独り身の時は、自分だけのためにお金を使うのが当たり前の日々でした。
ですが、結婚したら妻や家族のことも考えて使わなければならなくなります。

会計をする際に、小銭などが無いため先に出すように頼んだとします。
後から催促されても返さなかったり、いくら借りたかもわからないという人もいます。
また、借りたことですら忘れていたり、お金そのものを出さない人もいたりします。

その反対に持っている時は出すのに、持たない時は1円も持ってない人もルーズだと言えます。
デートをしている時は、相手男性のお金の使い方を観察してみてください。
ルーズかそうでないかがわかるはずです。

根気を持っていない

結婚は、2人で一緒に人生を歩むための長い長い道標です。
良いことばかりでなく、辛いことや苦しいこともあります。
楽しい思いをする日々もあれば、悔しく悲しい思いをする時もあるはずです。

辛い日々が続く時は、その辛さを乗り越えるための力を蓄積していると言えます。
根気良く腐ることなく頑張れる人は、次の好期に大きな期待が出来るのです。

しかし、根気の無い人の場合はすぐにめげて投げ出してしまいます。
そうなってしまうと、仕事でもなんでも続けられなくなってしまいます。

最もひどい場合だと、せっかくの結婚生活ですら壊れてしまうかもしれないのです。
結婚生活や育児を長続きさせていく為に、何よりも大切となるのは根気なのです。

根気の無い人は結婚に不向き

キレやすい

すぐにカッとなって暴言を吐いたり、手を上げる人には注意してください。
こういう性格の人は結婚には向いていないです。

恋人同士だった頃は良い所だけが見えているものです。
しかし、結婚して夫婦になるとどうしても悪い所が見えてきます。

また、互いに励まし合って乗り越えるべき壁も現れてくるはずです。
そうした場合に、キレやすい性格の人だと困ってしまいます。
協力してやっていくことでさえ困難になってしまいます。

何かをする度相手の機嫌を伺わないといけなくなるのです。
気遣いばかりして疲れてしまい、結婚生活も幸せにはならないです。

すぐにキレる人は、誰にでも怒りをぶつけてきます。
妻だけでなく子供にも手を出しかねないのです。

自己中

自己中な考えや行動を起こすというような人も結婚には不向きです。
結婚して、将来的に子供が生まれたらほとんどは子供中心になります。
夫婦にとって子供の存在は何よりも愛しい存在となるからです。

そして、子供は大きくなるまでは親が守ってあげなければならないのです。
夫が自己中心で自分の事だけという性格の人だと厄介なものとなります。
子供が空腹なのに帰宅しなかったり、お金を入れてくれない可能性があります。

また、子供が騒いだり泣き出すと怒ってしまうかもしれないのです。
こうなってしまうと、夫婦で協力しての育児は難しくなってしまいます。
妻である女性自身が、大きな子供の夫と自身の子供を育てる羽目になるかもしれないです。

自己中な人も結婚には向いていない

まとめ

結婚に向いている人は幸せな生活を送ることができます。
逆に男性でも女性でも結婚に不向きな人はいます。

例えば恋焦がれている男性がいて、結婚を考えていたとします。
ですが、結婚に不向きな性格などであれば付き合わないほうがいいと思います。

焦りのあまり、無理に結婚したとしてもいい結果は得られないのです。
かえって後悔してしまうことになりかねないです。
心当たりのある人は彼と自分との関係を見つめ直してみてください。