ノロウィルスに注意しましょう

12月になると急激な温度変化で体長を崩す人が増えます。

そのため、インフルエンザが毎年の様に流行します。

インフルエンザもかかると治るまでしんどいのですが、インフルエンザ並みに流行しやすく更にインフルエンザよりも質が悪いのがノロウィルスです。

インフルエンザは、インフルエンザ患者の近くにいると咳などの空気感染などで感染しやすいですが、事前にインフルエンザワクチンを接種しておくことで、インフルエンザにかかっても症状を軽くすることができます。

しかし、ノロウィルスにはインフルエンザの様な予防接種がありません。

そのため、ノロウィルスに感染しないためにも自分で気を付けなくてはいけません。

ノロウィルスが急激に発生するのは11月~12月です。

感染の多くは、魚介類などを主にした生食が原因とされています。

そのため、ノロウィルスの症状として多いのは、嘔吐下痢、発熱、です。

ノロウィルスは食中毒と同じ様な症状のため、食後12時間~48時間で発症すると言われており、突然激しい吐き気と腹痛、下痢に見舞われます。

食中毒の場合、牡蠣が定番ではないでしょうか。

牡蠣は毒性を持っているので、体力が弱っていたり疲れがたまっていたり、牡蠣の毒性が強いと食中毒を起こします。

しかし牡蠣の場合、体内から牡蠣の成分を出し切ってしまうと、ビックリする位ヒドかった嘔吐下痢がピタッと止まります。

ノロウィルスの場合は、ウィルスが体内に侵入してしまうので、牡蠣が原因で起きた食中毒の様に出し切ったら改善するというわけではありません。

抗ウィルス薬を飲んで、体内に侵入したノロウィルスを退治しないと症状が改善しません。

ノロウィルスの恐い点は、急激な嘔吐下痢に見舞われるため多くの人が食中毒を勘違いしてしまう点です。

食中毒なら出し切ってしまえばある程度、症状が落ち着くので身体の負担も落ち着きますが、ノロウィルスは出しても出しても症状が改善されないため、脱水症状や栄養失調になって、中にはショック症状を起こしてしまう人もいます。