医療事務資格取得方法とは

雑誌などを買うと資格の資料請求ハガキが付いている事があります。
気になる資格もあるのではないかと思います。
医療事務は、主婦の方が取る資格のTOP3になっています。
耳にすることはあっても、どういったものか知らない人も多いです。
人気のある資格なので気になる人も多いかと思います。
どうやって資格を取るのか、医療事務とはどんなものかお伝えします。
また、働き方や仕事内容・受け取れるお給料などもご紹介いたします。

医療事務とは

医療事務というのは、全国にあるクリニックや病院の事務・受付・経理を行う仕事です。
看護師や医師であれば国家資格ですが、医療事務の場合は民間の資格となっています。
医療機関で自分自身がどう働きたいかで、民間にある資格試験を受けてみて下さい。
また、医療事務の資格を持つと一生役立つスキルになります。
育児で合間ができたとしても、復職しやすくなっています。
全国にある医療機関で働くことも可能なのです。
お子さんが幼稚園に通っている間にパート勤務も出来ます。
フルタイムとして正社員で働くことも出来るのです。
このように、とても大きな魅力が医療事務にはあります。
資格取得後は、ご自分に見合った働き方を選んでみてください。
病院・クリニックで働ける

どのようにして資格を取るのか

医療事務資格取得には4つの方法があります。
1つめは場所と時間を選ばない通信講座です。
学習ペースも自分で決められて、費用も抑えられます。
自分自身で勉強時間を設けて最後までやり遂げる必要があります。
2つめは専門講座で講師から学ぶ方法です。
費用が掛かり、最後まで通学できるかが必須です。
3つめは学校に入学して学ぶ方法です。
短大・専門学校・大学へ入るとじっくりしっかり勉強できます。
福祉・医療・経営・法規と幅広く学べます。
就職率が高まりますが、費用と時間が必要です。
4つめは独学の方法です。
問題集・テキストを購入し、文字通り一人で学んでいきます。
費用はさほど掛かりませんが、相当の覚悟と意志の強さが必要です。
学び方は人それぞれ

試験日程・受験資格・費用

診療報酬請求事務能力認定試験の受験資格は不問です。
試験内容は実技試験と学科試験、受験料は9000円です。
日程は7・9月の年2回で公益財団法人日本医療保険事務協会が主催しています。
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の受験資格は不問です。
試験内容は実技試験Ⅰ・学科試験・実技試験Ⅱ、受験料は7500円です。
日程は毎月、一般財団法人日本医療教育財団が主催しています。
医療事務認定実務者R試験の受験資格は不問で日程は毎月1回となります。
試験内容は実技試験・学科試験、受験料は5000円です。
全国医療福祉教育協会主催で、ネットでの自宅受験も可能です。
仕事は会計・受付・レセプト作成・患者さんの対応です。

まとめ

医療事務は、主婦の方にとても人気のある資格です。
資格取得のための勉強方法には、おもに4つあります。
家事や育児の合間でも学ぶ事ができます。
費用や時間もかかりますが、取得できれば一生のスキルとなります。
妊娠・出産・育児でブランクができても、復職しやすくなっています。
また、医療機関は全国にあるので転居先でも働けるのが大きな利点です。
受験する試験の種類は様々ですので、自分に合ったものを選んでみてください。