危険ドラッグに変更になった脱法ハーブ、効果は期待出来るのか?

相次いで起こった脱法ハーブによる自動車事故。

脱法ハーブは、所持や使用していても法律の規制にかかる違法薬物扱いにならないため、簡単な気持ちで手を出す人が後を絶ちませんでした。

新しい脱法ハーブを違法薬物指定にしても、化学式が異なりながらも同じ様な症状を引き起こすハーブはたくさんあるため、常にイタチごっこ状態でした。

しかし、脱法ハーブによる自動車事故が続いたため、脱法ハーブという名前を変えることに決まりました。

続きを読む

脱法だからといって良いわけではない、脱法ハーブの危険な罠

脱法ハーブを利用したヒトの他人を巻き込む事件や事故の数が急激に増加した。

交通事故に関しては、2013年には40件近く起きている。

そもそも脱法ハーブは合法ハーブと言われているため、利用者の中には悪気に感じているヒトは少ない。

日本で脱法ハーブが広がり出したのが、2009年頃。

2009年当時、脱法ハーブは麻薬や覚せい剤の様な違法薬物という扱いではなかったため、所持していたとしても逮捕することはできなかった。

続きを読む